DJ-G7 バッテリー交換

先週の日曜日(1月29日)夜の防府市アマチュア無線災害ボランティアロールコールは430MHzレピーター(JR4WY)を使う回でした。
せっかくレピーターを使うので、ハンディー機のDJ-G7で参加する事にしました。
ところが、私に順番が回って話しているとDJ-G7のバッテリーが切れてしまいました。
慌ててIC-7000Mを立ち上げましたが、次の方の番になっていました。(^^;

後で確認するとDJ-G7をフル充電した状態で、1分くらい5W送信すると電源が切れる事が分かりました。バッテリーが寿命で容量が無くなっているようです。
DJ-G7のバッテリーをよく見ると充電電極の横に亀裂があります。内部のバッテリーが膨張したようです。
IMG_5171.JPEG
こういう事では本当の災害時に役には立ちませんね。(^^;
まあ、設備の確認という意味ではロールコールの目的を達成しているわけですが。

これではいけないので、Amazonでバッテリーを購入しました。純正バッテリーは高いですね。
 ALINCO(アルインコ) EBP-73 リチウムイオン充電池 DJ-G7用 7,000円

ついでに、2017年に購入したUV-5Rのバッテリーも購入しました。こちらは本体と同じでバッテリーも安いです。(^^;
 BAOFENG UV-5R/5RA/5RE/5R Plus リチウム電池 バッテリーパック 1,890円

所有しているUV-5RとDJ-G7です。
IMG_5167.JPEG

UV-5R用はAmazonから送ってきましたが、EBP-73は富山県射水市のアルインコから送ってきました。
IMG_5214.jpg
さっそくDJ-G7のバッテリを交換して、長時間送信しても大丈夫な事を確認しました。
これで、移動でDJ-G7を使っても大丈夫でしょう。

思い出しましたが、今年1月のQSOパーティーでDJ-G7の1200MHzで2局交信しているので(1W送信ですが)、その頃はまだバッテリーは生きていたはずです。ここ1年で駄目になったんですね。

余談ですが、防府430レピーター(JR4WY)はアナログレピーターの他にD-STARのレピーターもあります。
D-STARは9月頃から使えなくなっていましたが、最近ようやく復旧したようです。
しばらくD-STARのワッチをやめていましたが、またワッチを再開します。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ja4eck
2020年12月05日 09:40
バッテリーの問題は悩ましいですね。私は今はハンディを持ち歩くことはないですし、昔のハンディしかないので気にしていないです。一時は充電タイプのその機種専用のもの使っていましたが、充電が面倒でそのうち汎用性のあるニッカドなどの充電電池に変えました。最後はエネループにしてました。でも横着者なのでちゃんとメンテしないし、過放電するとすぐに使えなくなるので結局、乾電池にしています。
電池は充電できるものはどんどん新規の技術が開発されているので、そのうちほとんど気にしなくてもいい時代が来るかもしれません。
JA4JOE
2020年12月06日 10:28
>ja4eckさん
アマチュア無線のハンディー機は出荷量が少ないので、互換バッテリーが無く高くつきまね。
スマホやパソコンは結構互換バッテリーがあるのですが。
私も大昔のFT728というハンディーを持っていて電池で使っていましたが、最近は引き出しのゴミになっています。
エネループも良いですが、FT728のように滅多に使わないものや、1年に一度しか交換しないマウスのようなものには乾電池の方が良いですね。