オリオン座流星群 流星通信は駄目でした

今日は未明から雨が降っています。今日は一日降って結構な雨量になりそうで、畑の水の心配が無くなりそうです。

昨日はオリオン座流星群の活動が極大となる日でした。
「10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は15時と日の入り前なので、21日の深夜から22日の明け方にかけてが一番の見ごろとなる。
月明かりの影響はないものの活動は低調とみられるので、空の条件の良いところでも1時間あたり5~10個程度だろう。火星観察の合間に空を見上げていると流れ星が見えるかもしれない。防寒の準備を万全にして眺めてみよう。ピークがなだらかな流星群なので数日間は注目してみたい。」
だそうです。

夕方5時頃時間があったので、WSJT-XのMSK144モードを立ち上げて50.260MHzをモニターしてみました。
PSKレポーターを見るとMSK144モードの局がいたのでCQを出してみたら、あっさり北海道の局とQSO出来ました。
MSK144A.png
PSKレポーターでは北海道の局からこちらが見えているようです。
MSK144B.png
8月のペルセウス座流星群の時もそうでしたが、信号が安定しているので流星バースト通信(MS通信)では無いようです。
試しにFT8でCQを出してみるとFT8でもQSO出来ました。
MSK144D.png
やはりEスポのようです。(^^;

その後、夜10時過ぎにPSKレポーターで確認すると多くのMSK144モードの局がいました。
しばらくCQを出してみたら長野の局に信号が届いたようですが、QSOは出来ませんでした。
MSK144E.png
今回のオリオン座流星群は流星の数が少なくて、流星バースト通信は難しいようです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

JA6PVI
2020年10月23日 23:09
私も短時間ですがトライしてみました。横浜の局が入ってましたがEスポだったようですね。毎回、流星バースト通信はあいまいな感じで終わってしまってスッキリしませんね。次回12月もあるはずですから、飽きずにトライしてみたいと思います。でも、MSK144の音は好きですね。
JA4JOE
2020年10月24日 09:24
>JA6PVIさん
夕方はEスポが出ていたようですが、22時頃はEスポでは無いと思っています。一発だけしか伝送されないので交信は出来ないようです。PVIさんも23時頃受信できたとの事なので、一発だけ信号が受信できたのではないでしょうか。
12月のふたご座流星群は、12月14日未明が極大らしいので期待しましょう。
MSK144は使用帯域が広いのでザーザーっぽい音ですね。