DJ-G7 バッテリー交換

先週の日曜日(1月29日)夜の防府市アマチュア無線災害ボランティアロールコールは430MHzレピーター(JR4WY)を使う回でした。
せっかくレピーターを使うので、ハンディー機のDJ-G7で参加する事にしました。
ところが、私に順番が回って話しているとDJ-G7のバッテリーが切れてしまいました。
慌ててIC-7000Mを立ち上げましたが、次の方の番になっていました。(^^;

後で確認するとDJ-G7をフル充電した状態で、1分くらい5W送信すると電源が切れる事が分かりました。バッテリーが寿命で容量が無くなっているようです。
DJ-G7のバッテリーをよく見ると充電電極の横に亀裂があります。内部のバッテリーが膨張したようです。
IMG_5171.JPEG
こういう事では本当の災害時に役には立ちませんね。(^^;
まあ、設備の確認という意味ではロールコールの目的を達成しているわけですが。

これではいけないので、Amazonでバッテリーを購入しました。純正バッテリーは高いですね。
 ALINCO(アルインコ) EBP-73 リチウムイオン充電池 DJ-G7用 7,000円

ついでに、2017年に購入したUV-5Rのバッテリーも購入しました。こちらは本体と同じでバッテリーも安いです。(^^;
 BAOFENG UV-5R/5RA/5RE/5R Plus リチウム電池 バッテリーパック 1,890円

所有しているUV-5RとDJ-G7です。
IMG_5167.JPEG

UV-5R用はAmazonから送ってきましたが、EBP-73は富山県射水市のアルインコから送ってきました。
IMG_5214.jpg
さっそくDJ-G7のバッテリを交換して、長時間送信しても大丈夫な事を確認しました。
これで、移動でDJ-G7を使っても大丈夫でしょう。

思い出しましたが、今年1月のQSOパーティーでDJ-G7の1200MHzで2局交信しているので(1W送信ですが)、その頃はまだバッテリーは生きていたはずです。ここ1年で駄目になったんですね。

余談ですが、防府430レピーター(JR4WY)はアナログレピーターの他にD-STARのレピーターもあります。
D-STARは9月頃から使えなくなっていましたが、最近ようやく復旧したようです。
しばらくD-STARのワッチをやめていましたが、またワッチを再開します。



"DJ-G7 バッテリー交換" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント