台湾旅行記 高雄、台南

年末から元旦にかけて台湾に行ってきたので記事にしておきます。
2年前にも台北、高雄に行きましたが、今回の行先も高雄で近くの台南にも行って来ました。
日程は12月28日(金)~1月1日(火)で4泊5日でした。家内と息子と私の3人で行って来ました。
初日、12月28日(金)は福岡空港から夜8時出発で、高雄に着いたのは10時過ぎでホテルで寝るだけでした。
いちおう着陸前の高雄の夜景です。ボケボケですね。(笑)
画像

翌12月29日(土)は息子の友達のお宅で食事を御馳走になりました。美味しくお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。m(__)m
画像

お宅の庭にグァバが生っていました。いただいたのでホテルで食べました。他に釈迦頭ももらいましたが、釈迦頭がとても美味しかったです。
画像

12月30日(日)は高雄の蓮池潭地区に観光に行きました。蓮池潭は全長約1.4Kmの湖で湖の周囲には、中華風な塔や寺廟の「龍虎塔」、「春秋閣」、「五里亭」、「玄天上帝」の4つの建物があります。なかなか面白い所でした。
潭というのは深い湖という意味だそうで、深い蓮池という事らしいですが、見たところそんなに深そうな湖ではありませんでした。
画像

蓮池潭に着くとたまたま、池の横の道路をお祭りの行列が通っていました。あちこちの神社から参加しているようで、延々と行列が続いていました。
画像

日本と違って交通整理係がいないので片側の空車線に両方から車が入って睨み合いになっていました。(笑)

最初の龍虎塔の手前にクマがいました。
画像

高雄では熊のキャラクターをよく見かけます。(1月27日 勘違いしていたので訂正しました。)クマモンかと思ったらオーベアーという中華民國交通部觀光局のキャラクター 高雄熊という高雄市のマスコットキャラクターだそうです。台湾ツキノワグマがモデルらしいです。白いスカーフを巻いているのかと思ったら、月の輪なんですね。

最初の龍虎塔です。龍の口から入って虎の口から出ると御利益があるらしいです。
画像

2番目の春秋閣です。ここも龍の口から入ります。
画像

道路を挟んでりっぱなお堂(啓明堂)があります。
画像

春秋閣の奥の長い橋の先に五里亭があります。
画像

橋の下には蓮が生えていて鳥が遊んでしました。鳥が蓮の葉の上に踏ん張って立っていますが、しばらくすると沈んでしまいます。(笑)
画像

4番目は玄天上帝です。東南アジア最大の水上神像だそうです。
画像

最初、風貌を見て関羽像だと思い込んでいたのですが(笑)、説明を読むと玄天上帝は玄武の事で北方を守護する水神だそうです。

最後に孔子廟に行きました。きれいで立派な孔子廟でした。
画像


12月30日(日)の夜は高雄で一番高いビル「高雄85ビル」に夜景を見に行きました。港の夜景がきれいでした。
画像


翌日12月21日(月)は家内と2人で台南観光に行きました。
当初、ツアーを申し込んでいたのですが、最低催行人数にならなかったそうで自力で行く事にしました。

台南へは地下鉄で地下鉄高雄駅まで行って台湾鉄道高雄駅で乗り換えます。地下鉄から台湾鉄道はいったん地上に出て乗り換えます。事前調査では窓口で特急(自強号)のチケットを買うとの事だったのですが、一階に券売機があったので、券売機で買いました。(言葉が通じるか不安だったので(笑))
ところが、出てきたチケットは自由席券のようでした。(^^; 自由席でも指定と同じ106元でした。
画像

適当な車両に乗って空いてる席に座りました。空いてる席があるのに多くの方が立っていました。
ネット情報では日本のSUICAに相当する悠遊カード(EASYCARD)で普通料金で乗れるらしいので、特急券を買っていない人は立っているようです。(不確実な情報です。)
画像

なんとか無事に台南にたどり着きました。
画像

台南で最初に行ったのは億載金城です。タクシーで行きました。
清代末期の1871年に海防用に造られた要塞で、大砲(レプリカ?)が置かれています。
画像

画像

ちょっと地味な観光地でした。観光客も少なかったです。(^^;

次は德記洋行、安平樹屋に行く予定だったのですが、薄着だった家内が寒いと言うので予定を変更して台南駅に戻ってセーターを買いました。
次は赤嵌楼(せきかんろう)に行きました。赤嵌楼に入る前に近くのベジタリアン(素食)レストランで昼食にしました。
適当にGoogleマップで探して入ったのですが、予想外の高級素食レストランでした。(^^;
画像

カレーとリゾットをオーダーしましたが、サラダ、スープ、パン、コーヒー、デザートが付いていました。
画像

画像

画像

昼食代は2人で1,144元(約4,000円)でした。後で聞いたところでは有名な素食レストランだそうです。
予定外の出費となってしまいましたが、美味しい昼食でした。

余談ですが海外旅行では予想外の食べ物が出る事がありますね。現役時代に海外出張で香港に行った時に中華レストランで鶏もも肉を頼んだつもりが、足先(3本爪)を煮たものが出て来たことがあります。仕方ないので少ししゃぶって置いてきましたが、後で聞くと砕いて骨の髄を食べるものとの事でした。(笑)
他にも北京で餃子を頼んだら予想外の量が出て来た事があります。あの辺りでは水餃子は主食として食べるものだそうです。炒飯も一緒に頼んだので食べきれませんでした。
注文時に店員が何か聞いていたのですが、分からなかったので、そのままオーダーしましたが、「そんなに食べるの」と言ってたようです。(笑)
たまに食べられない事もありますが、海外では予想外の食べ物が出てくるのも楽しみの一つですね。(^^;

次に赤嵌楼に行きました。
赤嵌楼はオランダ人によって築城された旧跡で、1653年に築城されたそうです。オランダ統治、明鄭時代、清時代、そして日本統治時代と様々な政権へと移り変わっていく中で、何度も改築や修復がされ今の姿になったそうです。
画像

画像

最後に神農老街に行きました。観光案内では200年以上昔の家屋が残る街で、レトロな建物が並び、ノスタルジックな雰囲気が漂っているとの事です。
画像

古い町並みと言うのでもっときれいな通りを想像していたのですが、ゴチャゴチャしたところでした。(^^;
若い人に人気があるようで若者が多かったです。

以上で台南観光を終了してタクシーで台南駅に戻りました。
台南駅では今度は窓口でチケットを買いました。乗車する列車を聞かれましたが、下手な英語が通じたようで自強号の指定席を買えました。(^^;
画像

無事、5時頃ホテルに帰りつけました。(ホッ)

翌日、1月1日(火)元旦は、飛行機が午後3時過ぎ発だったので午前中ホテル近くのスーパーでお土産を物色してから、高雄空港近くのタロコパークに移動して買い物をしました。
日本だとクリスマスツリーはクリスマスが終わると早々に片付けられて新年の飾りつけになりますが、台湾の正月が旧正月のせいなのか、あちこちにツリーが残っていました。タロコパークにもありました。
画像

お土産に買ったパイナップルケーキです。台湾みやげの定番ですが、タロコパークのものは高いけど美味しいそうです。(ワイフ談)
画像


その後、無事に夜7時過ぎに福岡空港に帰って来ました。
今回、福岡空港まで車で行って空港の駐車場に置いて出かけましたが、駐車料金は4,400円でした。

以上、高雄、台南旅行の報告でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 海外WiFiレンタル GLOBAL WiFi

    Excerpt: 年末に台湾高雄に行きましたが、その際、モバイルWi-Fiルーターをレンタルしました。 安くて使い勝手が良かったので記事にしておきます。 今回借りたモバイルWi-Fiルーターです。価格.comで人気.. Weblog: 向島ポンポコ日記 racked: 2019-01-08 09:33