EdgeでRadikoが再生できなくなった。Adobe Flashブロック

昨日の記事でWindows10 October 2018 Update(1809)を適用して、不具合は無さそうだと書きましたが、その後、いくつか問題と改善がある事に気づきました。
私はいつもパソコン作業(FT8通信、ブログ書き、たまに農業関係の仕事)をやりながらRadikoでFM横浜を聞いています。ブラウザーはWebの検索、参照にはChromeを使って、GmailとRadikoはEdgeを使っています。別のブラウザーにしておくと片方が固まってもお互いに影響しないし、画面が別で扱いやすいのでこうしています。
今回、Windows10をバージョン1809にしてからEdgeでRadikoを再生しようとすると、「【重要】ラジコをご利用いただくには、Adobe社のFlashPlayerをインストールし、有効にしてください。」というメッセージが表示されて再生出来ません。
画像

Edgeのセキュリティー強化なのか、Adobe Flashがブロックされるようになったようです。

アドレスバーの右端にあるモザイクマークをクリックすると、「Adobe Flashコンテンツがブロックされました。」と[一度のみ許可]ボタンが出て、これをクリックすると再生可能になりました。
画像

Adobeのサポート情報を見ると、[一度のみ許可]と[常に許可]ボタンがあって、[常に許可]ボタンをクリックすると、それ以降ブロックされなくなると書いてありました。
しかし、Windows10 バージョン1809のEdgeでは[常に許可]が無いので次回のRadiko起動時にまた同じ操作をする必要があります。

今のところ解決策が無いですが、Rdikoの再生時にひと手間増えただけなので、しばらくこのまま使います。
[常に許可]ボタンはどこに行ったんでしょうか? (^^;

(追記 12月15日)
Adobeのコミュニティフォーラムに質問したら「Microsoftが公式に声明を公開しており、1セッションごとに有効化許可を義務づけるようにしたとのことです。」と教えていただきました。m(__)m
更にMSの以下ページにッセージが載っていると教えていただきました。
The End of an Era – Next Steps for Adobe Flash
この中に、「2018年後半には、Microsoft Edgeを更新して、Flashが各セッションで実行されるように許可する必要があります。」と書かれています。
Radiko側で対応してくれるのを待つしかないですね。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック