向島ポンポコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 銅板屋根腐食穴補修 ステンレステープを使ってみました

<<   作成日時 : 2018/11/06 12:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の自宅補修DIY記事です。
一昨年、実家に引越してから、1年くらいは古い家をあちこち補修しましたが、最近はあまり手をかけていませんでした。
錆びて穴が開きそうな倉庫のトタン屋根や、母屋の杉板の外壁の塗装など、まだやり残したところは多いのですがハードルが高かったり、時間がかかる作業だったりで、緊急でないものは後回しになっています。(^^;
昨日は、先月のアンテナいじりの際に気がついた玄関屋根銅板の腐食穴の補修をしました。

2年前の2016年9月の大雨の日に玄関天井から雨漏りして床が濡れていたので調べたら、玄関屋根の瓦から雨が落ちる部分の銅板が溶けて穴が開いていました。銅板なら長持ちすると思って銅板を使ったらしいのですが、瓦の釉薬が銅を溶かすらしいです。まあ、築40年の木造住宅なので仕方ないです。(笑)
きちんと直すには板の張替えをしたほうが良いのでしょうが、先立つものが無いので、前回はシーリング材で穴を塞いでペンキを塗って補修しました。
 シ-リング剤  DCM変成シリコンシーラント ブロンズ
 塗料      アサヒペン油性高耐久アクリルトタン用こげ茶
その時の写真です。
画像

画像

2年経ってシーリング材が劣化して穴が開きそうになってきました。夏場に高温になるので劣化が激しいようです。
画像

昨日は劣化したシーリング材をスクレーパーで剥がしてステンレステープで補修しました。
画像

画像

ステンレステープなら劣化しにくいだろうと思うのですが、アクリル系粘着剤で貼ってるだけなので剥げないか心配です。また、ステンレスは0.04mmしかないので実際どの程度の期間劣化しないか不明です。
使ったテープです。
  ステンレステープ 0.12mm(ステンレス箔0.04mm)x38mm 幅 アクリル系粘着剤
画像

ステンレステープを貼った上にメタルプライマーをかけて、約2時間後に水性ペイントを塗りました。
 メタルプライマ- 300ML 980円
 アサヒペン水性スーパーハロー 1.6L こげ茶
画像

ステンレステープと塗料は余っていたものを使ったので、今回購入したのはメタルプライマ-と刷毛くらいで済みました。
これでペンキが駄目になるまでの5年くらい持ってくれると良いのですが。

屋根補修作業でペンキを使ったので、ついでに母屋西側にある錆びた物干しポールの塗装もやっておきました。
ついでといってもペンキの色が違うので手間を省けたのは道具の出し入れくらいですが。(笑)
塗装前の写真がありませんでした。(^^;
画像

作業はグラインダーに研磨ディスクを付けて錆とペンキを除去してから、油性塗料を塗りました。油性塗料も余っていたものです。
  アサヒペン 油性高耐久アクリルトタン用
根元が地中に埋まっているので、コンクリート面まで掘って(約5cm)ペンキを塗っておきました。
これで数年は大丈夫でしょう。
しかし、この物干しポールは手作りのようです。亡き父が知り合いにでも頼んで作ってもらったのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銅板屋根腐食穴補修 ステンレステープを使ってみました 向島ポンポコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる