向島ポンポコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石焼いも器を買いました。

<<   作成日時 : 2018/11/11 09:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月21日に収穫した「べにはるか」が甘くなってきたので焼き芋にして食べました。

最初、オーブンレンジで焼いてみました。
クックパッドを見て、濡らしたキッチンペーパーとアルミホイルで包んで、温度180℃で60分加熱して焼きました。
甘くておいしいのですが焦げ目が無いのは、焼き芋らしくありません。

次に、ガスレンジのグリルでやってみました。
アルミホイルで包んで火力最小で約30分焼きました。両面焼きグリルは網から上の高さが低いので小さい芋しか焼けません。小さめの芋3個を焼いてみましたが、今度は焦げ目がついて焼き芋らしくなりました。
しかし、中くらいの芋はねっとりで美味しかったですが、小さいものはねっとり感が無くなってしまいました。焼け過ぎのようです。
なお、グリルはグリル消し忘れ機能付きで最大15分で自動的に消えるので途中、再度点火する必要がありました。
最近のガスコンロはいろいろ親切な安全対策が付いていますが、こういう場合は余計なお世話で困ります。(^^;

ここまでは、記事にする予定が無かったので写真無しです。m(__)m

さらに、次は美味しい芋を焼きたいという家内の要望でAmazonで石焼いも器を買いました。
 ホーロー 石焼いも器 24cm HA-IY24 高木金属  3,278円
画像

さっそく、焼いてみました。焼いも器のレシピでは中火で15分焼いて、途中でひっくり返して15分焼くとなっていますが、SIセンサー付きは更に10分焼くとなっています。しかし、これだけでは、箸を通してみるとまだ固かったです。
更に15分程度焼いたら焼きあがりました。その後の15分の蒸し時間を合わせると合計70分もかかります。SIセンサーで火が小さくなるので、時間がかかるようです。(25分プラスです)
画像

ここでも安全対策のSIセンサーが障害になっています。
ネットで調べると対処法として、改造してセンサーを外す方法とか、専用の五徳を使う方法などがあるようです。
 Amazon 東彼セラミックス 過熱防止センサー対応補助五徳 焼き台 黒 TSG-001a(B) 1,750円
画像

センサーを外すのは論外ですが、五徳は良さそうだなと思って内容をよく見たら、真ん中のくぼみに水を入れて使うのだそうです。10分くらいで水が蒸発するので補充する必要があるようです。これでは使い物にならないですね。(笑)

完成した焼いもです。
画像

べにはるかはねっとりで甘くて美味しいです。

次は土間に置いている鋳物コンロでやってみます。こいつはシンプルで余分な機能はありません。(^^;
画像


なお、べにはるかをJA直売所に出してみましたが、ほとんど売れません。まだ10個くらいしか売れていません。
焼いもにして売らないと売れないのかも。
でも、知り合いや近所に配ったら半分以上無くなったので、越冬保存の心配は不要かも知れません。

(追記) 11月13日(火)
家内が土間の鋳物コンロで焼いもを焼きました。
画像

中火で焼時間15分、ひっくり返して焼時間15分、蒸らし時間15分でばっちり焼けました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石焼いも器を買いました。 向島ポンポコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる