向島ポンポコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JARL非会員宛QSLカードは廃棄されるんですね。

<<   作成日時 : 2018/06/27 16:17   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

数日前にJARLからQSLカードが配達されてきました。
QSL転送サービスでは「発送月(中国地方宛は偶数月)の20日ごろから月末にかけて発送作業をおこなっています。」との事で、いつも偶数月の月末に届きます(たまに次の月初めの事もある)。
今月は国内101枚、DX8枚でした。
画像

私はQSLカードが届くとHAMLOGのQSLステータスを受領済み(3文字目を*にする)にしています。
以前にも書きましたが、私はeQSLのメンバーにはeQSLのみ発行して紙QSLカードは発行していないのですが、多くの方が紙のカードを送って来られます。
その場合はHAMLOGのQSLステータスをE*_から J_* に変更して、次の月初めに紙QSLを印刷して発行しています。
今回は国内分101枚の内約70枚がeQSL発行済みでした。
7月初めのカード印刷枚数は多くなりそうです。(-_-;)

他に6枚ほど紙QSL受領済み(当然紙QSL発行済み)のものがありました。2017年5月から8月に交信のものなのですが、これは、間違えて2度送った?、それとも半年以上経って催促の為に送って来た?
良く分かりませんが、行方不明になったのかも知れないので再発行します。
もしかすると、受領済み管理が適当でカードが届いたら発行している方がいるのかも知れませんね。それだと、白ヤギさんの手紙の歌みたいにキリが無いですね。(笑)
他に1件は今回のカード転送で同じ内容のカードが2枚ありました。これは明らかなミスですね。

カードを整理していて、ふと気になったのですが、昨年2月にアマチュア無線を再開してJARLに入会、それからQSLカードを発行していますが、今まで非会員宛のカードが転送不可で返ってきたことがありません。カードを送った人がすべてJARL会員だとは思えません。
さっそくネットで検索してみると、なんと非会員宛のカードはJARLで廃棄されるんですね。
「交信証および受信証の転送取扱規程」pdfによると「会員名簿に記載されていない者にあてた0SL カードは、発送予定日から3 カ月保管した後破棄するものとする。ただし、3 カ月以内に会員になった場合は第1 項に従い、QSL カードを発送するものとする。」だそうです。

およそ45年前には転送できないカードは返ってきたと思うのですが。思い違いかな。
しかし、効率化のためだと思いますが、廃棄とはすごいですね。(+_+)
知らなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
廃棄と聞いてます。
昔は非会員にはステッカーを貼って転送できました。壱枚円かな?お空に出ている人はJARL会員と言うのが当たり前なの時代なのですかね。
この前からQSL整理していてわかったことがたくさんあります。当時はダイレクトがものすごく多いです。局名録があり住所がわかりましたからね。交信していてダイレクトというのが結構ありました。来たQSL5円切手ものがあります。古―――い。
昔はQSLカード交換をメンコ集めと揶揄していた人もいました。
JA4ECK
2018/06/27 18:42
そういえば、「カードはビューロー、ダイレクトどちらでも結構です。」というフレーズを聞かなくなりましたね。
JARL会員局名録は今もあるんですね。4,000円。
JA4JOE
2018/06/28 06:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
JARL非会員宛QSLカードは廃棄されるんですね。 向島ポンポコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる