向島ポンポコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華テスター AstroAI 購入

<<   作成日時 : 2018/04/23 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Amazonでデジタルテスターを購入しました。
AstroAI テスター デジタルマルチメーター 電気 電圧 電流 抵抗 ダイオード 測定 導通 テスター 小型 バックライトLCD 自動車 日本語説明書(改良版) 一年保証付き ¥1,499

届いたテスターです。
画像

先日の記事「アイコム機(IC-7000M)用バッテリーケーブル作成」でバッテリーの電圧監視に使ったテスターが途中で電池が無くなって使えませんでした。
このテスターの電池はLR44 2個で、比較的短時間で電池切れになります。約35年前に購入した日置電機の HIOKI3207 で当時2万円くらいしたと思います。当時は担当装置のデモなどで海外出張が多くて、持ち運びに便利な小型のデジタルテスターが欲しくて奮発して買ったものです。
画像

優秀なデジタルテスターで現地でのトラブルシューティングでお世話になりました。
特に問題も無く永らく使ってきてきましたが、欠点として電池容量が少なくて、すぐ電池が無くなります。だいたい年2回くらいの頻度で交換してます。
そこで最近のものは電池が長持ちするのではないかと思い、新しいテスターを購入しました。例によって中国製でとても安いです。
HIOKI3207のほうがオートレンジなどあって高機能ですが、AstroAIもテスターとしては充分な機能です。
なお、AstroAIの電池は9V 6F22(006P)で消費電流は4mA(説明書には静電気と書いてあります。(笑))のようです。
006Pの電池容量は400mAh程度のようなので100時間使える事になります。

さっそく試しにAC100V電源の電圧を測ってみました。
画像

画像

AstroAIとHIOKI3207で3V程度の差がありますが、実用上問題ないレベルですね。
AstroAIはHOLD機能があるのでリードを外しても測定結果を表示してるので便利です。あとバックライトも見やすくて良いです。

次に無線用13.6V DC電源を測ってみました。
画像

画像

今度はAstroAIが0.5V高いですが、電源は13.6Vの設定なので、たぶんAstroAIのほうが正しい値に近いと思います。

またまた中華電子機器が増えました。(笑)
思えば、日本メーカーは35年前にこんな良いものを作っていたんですね。今は値段勝負になって皆さん苦労してるんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中華テスター AstroAI 購入 向島ポンポコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる