向島ポンポコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 18MHz 21MHz ダイポールアンテナ干渉対策

<<   作成日時 : 2018/01/07 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

以前の記事で18MHzのダイポールを上げたけど、マルチバンドダイポールの21MHzのSWRが悪化してしまった話を書きました。
 18MHzダイポールアンテナを上げました
18MHzダイポールの追加により既存の5バンドダイポールアンテナ Comet CWA-1000 の21MHzのSWRが3.0くらいになってIC-7300M内蔵のアンテナチューナーでは調整できなくなっていました。

その後、昨年暮れに調整を行って何とか使えるレベルになったので報告しておきます。
対策として以下を行ないました。

1. 対策1 エレメントの入替え
CWA-1000の西側28/14MHzエレメントと18MHダイポールエレメントを入れ替えて交差するように変更してみました。
画像

これで多少SWRが改善して21MHzと18MHzのSWRが多少下がりました。
21MHzは21.45MHzで2.5くらいになりまた。
画像

画像

この後、21MHzエレメントに突合せ圧着スリーブを使てってVVF-1.6の線を15cm程度追加して長くしました。圧着スリーブによる接続が引張り荷重に耐えるか不安でしたが、とりあえずこれでやってみました。
画像

長くした21MHzエレメントを少しずつカットして調整したら21MHzの同調点が21.15MHzくらいになりましたが、最低点で2.0くらいあります。
画像

18MHzアンテナのせいで21MHzのインピーダンスが狂ってるのでしょうか?
この状態でなんとか アンテナチューナーで調整できるようになりました。
他にエレメント入れ替えで14MHzの同調点がバンドより下になったので、エレメントを3cmくらいカットして同調点を下げまた。
(SWR測定結果)
21MHz   21.15MHz SWR=2.0
7MHz   7.11MHz
3.5MHz   3.55MHz
28MHZ   SWR=1.0
14MHz   14.11MHz
18MHz   SWR=1.0

2. 対策2 給電点の位置変更
別の日に18MHzダイポールのバラン位置を約70cm下に変えてみました。バランの向きも変えたので
左右のエレメントを入れ替えました。
画像

これにより、21MHzの同調点が下に変わりました。18MHzのSWRが少し上がりました。
画像

(SWR測定結果)
21MHz   下側アウト SWR=1.9
7MHz    7.11MHz
3.5MHz    3.55MHz
28MHZ    SWR=1.1
14MHz   14.09MHz
18MHz   SWR=1.3

その後、21MHzのエレメントを調整して5cmカットしたところで同調点がバンド内に入りました。
他に28MHzを2cm短くしました。
画像

(SWR測定結果)
21MHz   21.10MHz SWR=1.4
7MHz   7.11MHz SWR=1.1
3.5MHz   3.55MHz SWR=1.1
28MHZ   28.08MHz SWR=1.1
14MHz   14.13MHz SWR=1.0
18MHz   SWR=1.3(18.10MHz)

ようやく、全バンド問題ないレベルになりました。
結果として給電点が近すぎたのが原因だったようです。給電点が近いと21MHzが18MHzダイポールの影響を強く受けるようです。
もっと離せば影響が減って更に良くなるのではないかと思いますが、今回はここまでにします。

参考に他バンドのSWR画像も載せておきます。
画像

画像

画像

画像

画像


3.雨天時SWR測定
 雨天時にSWRが変化するので、雨天時の同調点も測定しました。
 CWA-1000のどのバンドも下にずれています。雨の日はアンテナチューナーの再チューニングが必要ですね。
(SWR測定結果)
21MHz   21.00MHz SWR=1.5
7MHz    7.18MHz SWR=1.2
3.5MHz    3.53MHz SWR=1.0
28MHZ   28.00MHz SWR=1.3
14MHz   14.00MHz SWR=1.0
18MHz   SWR=1.1(18.10MHz)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
18MHzダイポールアンテナを上げました
最近はFT8で出ている局ばかりで、7.041MHzの国内局を除いてJT65で出ている局は少ないですね。 バンドが混んでいるとFT8では拾ってもらえない事が多いのですが、JT65で出ている局を呼ぶと拾ってもらえたりします。 特に早朝の7.074MHzはずいぶん混んでいて、呼んでも取ってもらえない事が多いです。 8月頃にFT8がリリースされてしばらくはオンエア局が少なくて応答率が高かったですが、JT65が1回の交信に時間がかかるのが嫌だと言ってた人達(海外でも)がFT8に出るようになった... ...続きを見る
向島ポンポコ日記
2018/01/07 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
18MHz 21MHz ダイポールアンテナ干渉対策 向島ポンポコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる